hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【桜井さん】残念ですが、退会なさいます。

f:id:hug-s:20151127190112j:plain

▲この季節、積もる落ち葉のさりげない演出もあって「こういう何気ない路地も意外に味わいがあるな…」と思ってスマホで撮影してみたのですが。ちょっと逆光気味になってしまいました。

来月には体験さんが三人いらっしゃることが決定!
年の瀬に向け盛り上がってきた当会ですが、1つ大変残念なお知らせが…

蒼井さん、木村さんと並ぶ"hug.の顔"であり、『ご予約難易度No.1』の中核メンバーとしてこれまで会を支えてきて下さった桜井百合さんが、一身上の都合により今月をもって退会なさることになりました。

良い時も、悪い時も、共に励まし合いながら頑張ってきた大切な仲間。そのたっての希望ですので、非常に痛いながらも
『快く笑顔で送り出してあげなければ…』
と思う反面、これからお店は年末の繁忙期に入ります。
私からも
「なんとかあと1ヶ月、年内一杯お願いできませんか?」
と慰留したのですが、年末が忙しいのはどこも一緒です。
桜井さんの本業のお仕事の都合からもちょっと難しいとのことで、残念ではありますが、やはり今月いっぱいということで了承させて頂きました。
なにぶん急なお話になりましたので、これまで長きに渡りご贔屓にして下さったお客さまお一人ずつ十分なご挨拶もできなかったことに、ご本人が何より心を痛めていらっしゃいます>_<)
どうぞご理解頂ければと思います。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、実は桜井さん、私が即アポ!時代に店長になって一番最初に面接し、そして採用させて頂いた女性なんですね。
私の採用人生で、最初の。
そして最大の『ヒット』。
サー・アレックス・ファーガソンが自伝の中でライアン・ギグスについて
「(当時14歳の)彼を目にした瞬間、監督になって以来流してきた汗と欲求不満と惨めさがすべて吹き飛んだ。めったに得ることができないかけがえのない瞬間だった。川も山もすべてさらった後に、突然金塊を前にしていることに気づいた金掘りだって、その日ギグスを目にした私ほど幸せではなかったにちがいない」
「ユナイテッドが私に支払った給料は、彼との契約に漕ぎつけたというただその1点だけで相殺される」
と語っていますが、まあそこまで大げさな話ではないものの(笑)、私が店長としてこのお店にした『最大の貢献』は、間違いなく桜井さんの入会を勝ち得た事にあると思っています。

初めてお会いした時から
「こんな人が…」
というくらい礼儀正しいキチンとした方でしたし、来年以降もこの街のどこかで。
今まで通り明るく元気に。
ハキハキ溌剌とした桜井さんそのままに、実り豊かな毎日を送られることでしょう。
何と言っても長い付き合いですし。時間が出来たらまたきっと事務所にお茶でも飲みに来て頂けると思うので
『今生の別れ』
というような感傷に浸っているわけではありませんが^_^;)
それでもやっぱり…
顔を合わせる機会が減るのは寂しいものです。
桜井さん、気兼ねせずにちょいちょい顔を見せて下さいね。

そして、これまで桜井さんを応援してきて下さった皆さま。
長い間、大変ありがとうございました!
寂しくはなりますが、スタッフ一同、これまで以上に採用活動に力を入れ、『桜井ロス』の心の隙間を埋められるような素敵な女性をご紹介できるように頑張ります。
これからもhug.を、どうぞよろしくお願い申し上げます_ _)_