読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第9回割引クイズ】結果のご報告を!



往々にして、ありがちな話ですが。



昨日行われた競馬の第76回『皐月賞』は、前半1000mの通過タイムが58秒4という無謀に近いハイペース。
これで前に行った馬が勝つはずもなく…
後方待機の8番人気・ディーマジェスティが直線で抜け出して優勝いたしました。

勝ったディーマジェスティは、大外18番枠を引いたことで人気を落としていたものの、本来なら4~5番人気が妥当な馬。3強の一角を崩す可能性は十分にありましたが、まさか勝つとは! 展開や馬場が「これ以上ない」というくらいにこの馬の理想通りだったこともありますが*1、馬の特性やコースを熟知し、大外枠をむしろ利用したかのようにも見える蛯名正義騎手の素晴らしい手綱さばきが光りました。

2着には、ほぼ最後方から上がり最速時計で追い込んだものの届かず…のマカヒキ。経済コースとはいえ道中は内の荒れた所を通りましたし、最後の直線もパンパンの良馬場でなかったことが響いたのか、いつもほどの斬れ味は発揮できませんでした。というか…。30年近く関東のリーディング争いをしているトップジョッキーで中山2000を知り尽くしている蛯名騎手が「ギリギリのポジションだった」というディーマジェスティよりさらに後ろにいたらノーチャンスでしょう...orz スタッフ予想とは別に当日マカヒキを頭にした馬券を買い足してもらっていた私にとっては、まさに痛恨>_<;) レース後、川田騎手は「予定通りのポジション」「ダービーでは逆転できるように」と語っていたそうですが、ダービーも乗るつもりなのか…。さすがにダービー・ウイークくらいムーアが来てくれそうですし。乗り替わりそうですが。

続いて3着には、道中、中団でピタリと折り合ったものの最後は思ったほど弾けず…のサトノダイヤモンド。直線でやや不利があったようで「あれがなければ2着はあった」と池江泰寿調教師は語ってますが、そんなに影響あったのかな。過去のGⅠなら審議対象にもなってないようなレベルの不利だった気もします。いずれにせよルメール騎手は「レース間隔が少し空いていた。これでガラっと良くなる」、池江調教師も「(ダービーでは)逆転できそうだね」とコメント。皐月賞を終えてこの馬の評価は新聞やネット上でも「たいしたことない」「いや、強い!」と真っ二つに割れていますが、次のダービーで、その真価が試されることになりそうです。

以下、4着は直線で不利を被ったエアスピネル。5着に4位入選したものの「ヨレてエアスピネルを妨害した」と判定され1つ降着になったリオンディーズが入り…
勝ち時計の1分57秒9は皐月賞のレースレコードであると同時に、現中距離王者・ラブリーデイが昨年の金杯で出した中山2000mのコースレコードまでコンマ1秒と迫る大変優秀なもの。あらためてこの世代のレベルの高さを感じさせてくれて大興奮! 個人的には1、2着馬より、むしろ、超ハイペースを先行して4着~5着に残ったエアスピネルとリオンディーズの強さが印象に残ったレースでした。
皐月賞全着順はこちら

ということで、実施しておりました第9回割引クイズ・イベントの結果は下記の通りとなります。

クイズの正解
(1)ディーマジェスティ
(2)マカヒキ
(3)サトノダイヤモンド
(4)エアスピネル

クイズの正解者
残念ながら…いらっしゃいませんでした。

なお、今回のイベントの参加数は98名さま。
クイズの答え合わせをしていて気付いたのですが、「3強」の中でマカヒキやサトノダイヤモンドを「4着以内」に入れなかった方はかなりいらした反面、リオンディーズを外された方って、ジョークで投票された方を除き、お一人もいなかったんですよね、実は。
いわば最も信頼度の高い「これだけは飛ばないだろう」と思われた馬が、降着とはいえ4着までに入りませんでしたので…
この結果も致し方がない。。。>_<;)
またすぐに第10回の割引クイズを実施いたしますので、どうぞそちらでリベンジを狙って頂ければと思います。

参加して下さった皆さま、有難うございました。

*1:リオンディーズが掛かって想定外のハイペースになってしまったので、結果的に大外枠があまり不利になりませんでしたね。むしろ後ろに控える作戦になりがちな大外枠が幸いしたというか…。加えて良馬場発表とはいえ蛯名騎手が「特に内側の方は、かなり水分を含んでいた」というこの日の馬場コンディションが、母父ブライアンズタイム/母母父サドラーズウエルズという本来、日本の高速馬場を走る上では重たい血統にぴったりマッチした感じです。後からなら何とでも言えますが(笑)。