読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第10回割引クイズ】結果のご報告を!


ナイスピッチング!
でも、ちょっと悔しい…!!



日本時間・24日(日)に行われた大リーグ『コロラド・ロッキーズロサンゼルス・ドジャース』戦で、ドジャース先発の前田健太投手は、中盤までノーヒットの快投!

この試合、私はNHK-BSではなくMLB公式ネット中継で観ていたのですが、解説のおしゃべりが少なく「臨場感重視」なこともあり、6回に入って球場の雰囲気がガラっと変わったのが、手に取るようにハッキリと伝わってきました!
1つアウトを取っただけで、お客さんの反応のスピード、歓声の大きさが5回までと全然違います!!

残念ながら、このあと、この日17人目の打者D・J・ルマイユに甘く入ったカーブを痛打され、記録への夢は途切れたわけですが。前田投手の真価、凄さが垣間見えたのは、むしろ、ここからだったような気もします。
不運な当たりも出て連打を浴び、1アウト満塁。迎えるのは相手の主軸である三番アレナド、四番パーラ…という大ピンチの場面で、怯むことなくポンポンとストライクを先行させ、それぞれセカンド・フライ、ピッチャー・ゴロに仕留める粘投! 見事に無失点で切り抜けてみせました。そういえば前田投手の勝負どころでのコントロールの良さについては、面白い動画がありますので、よろしければご覧になってみて下さい⇒こちら

さて。先日のスタッフ予想記事では、
クアーズでは過去に完全試合なし。ノーヒットノーランも一回だけ」
と書きましたが、実はこの球場、開場してからの21年間で『完封』もわずか5人しか記録していません。つまり完封でも十分、歴史に名を刻めます。
7回も引き続きマウンドに上がった前田投手には
「何とか完封を狙って頂きたい…」
と思っていたのですが。。。
イニングの最初の打者を打ち取ったところで、残念ながら降板。見た感じ、もう少し投げれそうでしたけれども、既に球数が「先発投手の目安」となる100球手前でしたしね*1。次に迎える7番打者のトニー・ウォルターズは、この日のロッキーズ打線の中で1番トレバー・ストーリーと並んで最も前田投手にタイミングが合ってましたので。しかたない所かもしれません。
ただ、その後の向こうの報道を見ると、実際にはもう少し複雑な事情もあるようで…

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、前田投手とドジャースの契約は非常に特殊なもの。年俸3億7000万円はメジャーの平均サラリー以下で、下手すると広島にいた方がもっともらえていたかもしれません。
いちおう1年あたり最大で12億2000万円のインセンティブ(出来高)がつき、満額なら16億円くらいの年俸になるわけで、あくまで前田投手の頑張り次第。フェアと言えばフェアなのですが…。
こちらの記事に詳しく書いてある通り、前田投手、というよりもむしろ前田投手の奥さんの希望により選択の幅が狭まり、なおかつそれが大リーグの球団側にダダ漏れだったことで「買い叩かれた」という印象は否めないものです。

いずれにせよ、これまで選手の怪我等によるリスクは球団が負うべき、と考えてきた大リーグの選手会は、この契約に対して大激怒! 記事で書いてある以上の大きな騒動となり、最初は「してやったり!」と思ってドジャースの球団フロントも、予想以上の選手からの猛反発に結構ピリピリしておりまして…

ちなみにメジャーでは、規定により「勝ち星」だとか「防御率」のような成績に対するインセンティブは付けられません。
したがって前田投手のインセンティブも、基本的に
・登板試合数
・投球イニング数
この2つに対して付く形になっております。
わかりやすく言うと、成績は関係なく登板するかどうか?
これで決まります。
ドジャースとしては選手サイドからのこれ以上の反発を避ける上でも、前田投手に対して「無理をさせず、大切に起用して、きちんとインセンティブを稼げるように配慮している」という姿勢をみせる必要もある、ということのようです。

それでは、第10回/hug.割引クイズイベントの総括に移らせて頂きます。

第10回/hug.割引クイズ・イベント結果発表!

クイズの正解
登板イニング数:7回
被安打数:3本
奪三振数:8個
失点数 :0点
クイズに正解した方々
今回はいらっしゃいませんでした

回答総数:155通

前回、前々回に比べ参加して下さる方がだいぶ増えましたし、
「今回は正解の方が出るのでは?」
と思っておりましたが…残念な結果に>_<;)
7回4安打8奪三振0失点の「さくら」さん、「ミチ」さん、6回3安打8奪三振0失点の「mokumoku」さんなど3項目まで当ててらっしゃる方は11名いらっしゃったのですが。項目別に見た時に、「無失点」というのを当ててらっしゃる方が少なく、ここでハズされている方が多かったです。

いずれにしましても、またすぐに第11回を実施しますので、ご容赦を。。。

なお、
「あれ…おかしいな。自分は当たっていたはずなのに」
という方がいらっしゃいましたら、お手数ですが当会までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

*1:この日の前田投手は94球で降板。我々の感覚では「100球って、あくまで目安でしょ?」と思うわけですが、他民族・契約社会のアメリカでは、こういう「お約束」的なものがものすごく重視され、四月、五月の段階では記録でもかかっていない限り100球を超えて投げさせることはまずありません。そういえばこの前日(23日)に、岩隈投手が、登板予定だったフェリックス・ヘルナンデスの風邪により1日投球日が繰り上がったのですが、マリナーズの監督は土下座せんばかりに謝っていたそう。