hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【ひとりごと】2017年6月14日(水)の諸々。

昨日のサッカーのW杯最終予選・イラク戦は、「勝てたのに、もったいない」試合だったのか? それとも「負けなくてラッキー」な試合だったのか。

f:id:hug-s:20170614152454j:plain

前半の大迫選手に対するペナルティ・エリア内でのファール、あれがきちんと認められ、PKで2-0になっていれば、楽に勝てたのかもしれません。

失点のシーンだって、吉田選手がセーフティ・ファーストでボールを外に蹴り出していれば、何事もなかったのかも。

ただ。

そんなタラレバで覆い隠せない「『何か』がそこにある」からこそ、選手個々の能力や実績・チーム力では他国より一枚上だと思われていた日本が、残り2試合まできてW杯出場に黄信号が灯っているんですよね。

いつもの如く、簡単に蹴って、簡単にボールを失い、簡単にプレスを交わされ、DFラインがあたふた…というハリルJAPANのゲーム運びをみていて

「これでは『勝てばラッキー、負ければ必然』にしかみえないな」

と感じてしまいました。

試合前には

不安を煽る記事が乱立。
そして試合後は更に、

なんて話も出てきて。
書かれていることが本当なら、組織として、ちょっとどうなんだろう。あまり上手くいってませんよね。

私も「お店」という組織を運営する人間の一人ですが、

  • サービスの在り方について、スタッフと女性会員さんとの間に意識の隔たりがある中で
  • 女性会員さんの都合を無視した時間帯に、あえてお待ち合わせを強要し
  • 案の定、女性会員さんが体調不良を起こす

こんな状況でお店はできません。
それを考えると、よくサッカー日本代表は成立してるなあと。むしろ驚きます^-^;)

実際の試合をみてみると、前半の30分でしたか。井手口選手が相手のバックラインの裏にフィードを送ろうとして、想定より遙かに長いボールになって、相手のGKにそのまま渡った場面。
解説の松木さんは「ナイス・アイデア。こういうボールを出せるのも彼の持ち味」と擁護してましたが、単純にみればただのお粗末なミス。相手の隙を突く狙いが悪いとは当然、思わないものの、先制点を取ったあと相手に押し込まれる時間が長く、お世辞にも「自分たちの時間帯」とは言えない中で、ようやくボールを取った時にやるようなプレーなんだろうか?と。もう少しゲームの流れを読んだプレー選択があってもいいのではないか、と。

更に言えば、井手口選手も、普段はもう少し精度のあるボールを蹴れるのだと思いますが、昨日のような強風の中、久々にボールに触っていきなりポンと蹴ってもなかなか結果には繋がらない。昨日までNBAがファイナルをやってましたが、バスケットの中継では、よく「シュート・タッチ」あるいは「タッチ」という言葉が使われます。たとえレブロンだろうがKDだろうがステフ・カリーだろうが、手や指先の『感覚』がフィットしていない時に良いプレーはできないんですよね。*1

昨日に限らずハリルホジッチ監督になってからの代表は、ポゼッション率がどんどん低下。ゲームの中でボールに触って、足元の感覚であったり、ボールの転がり方、キックのタッチを確かめる機会が減ったこともあってか、いざボールを持った時に慌てるというか、本来のポテンシャルを発揮できないというか。「あれ? この選手ってこんなにトラップやパスが不安定だったっけ?」というシーンが目立つようになりました。

考えてみれば、サッカーは、バスケットなんかより遙かに1人の選手がボールに触れている時間が短いスポーツ。圧倒的にポゼッションするチームの大黒柱であるメッシですら、一試合の平均ボールタッチ時間は5分ちょっとだと言われています。
それだけボールに触る機会の少ないスポーツで、相手ばかりがボールを持ち、自分は触る機会がほとんどないのでは、『感覚』を維持するのも容易ではありません。

アジアで戦う際の日本のストロング・ポイントは、まずテクニックだと言われてきました。しかし昨日あたりは、もう、どちらがより技術が高いのかわからない。見る人によっては「イラクの選手の方が全然上手いじゃない」と感じたでしょう。

試合が終わって、すぐに浅野くんから電話があり
「デカい相手とまともに競り合ってマイボールにできる確率がどのくらいあると思ってるんだろう。ボールを取り返す力もない、セカンド・ボールも後手。それなのに気前よく相手にボールを渡して。ハリルホジッチって、ひょっとしてバカなんすかね」
とため息をついていましたが。
バカかどうかはともかく、少なくとも「段階」を踏んでないのは確かでしょうか。

ブラジルW杯において、それまでやってきたポゼッション重視・ショートパス主体の「自分たちのサッカー」が通用しなかった。その反省を生かし、変化を求めるのは自然な流れだと思います。
しかし、いきなり今までやってきたことを全部捨てて「縦に早いサッカーを目指す」と言っても、できないですよね。選手はそこまで入れ替わってないわけだし。
ユルゲン・クロップ監督じゃないですけど、クラシックやってたオーケストラの楽団員に「これからヘヴィ・メタルやるから。おまえ、バイオリン辞めてギターな。明日までにディストーション用意して来い」と言ってるようなもんで。

じゃあハリルホジッチ監督の戦術に合わせて選手を変えるのか? と言っても、それも難しいでしょう。日本ではファンが求めるのも、選手がやりたがるのも、テクニックを活かした面白いサッカーであって、荒々しい肉弾戦の文化が根付いていないわけですから。

極端から極端に振れやすいのは日本人・日本社会の特徴とはいえ、ここまで単純なのも珍しい。そもそも「縦に早く」というのは、そのぶんボールを失う可能性も高いわけですから、ボールを奪われた時に取り返せるだけの守備の土台がないと、今みたいな事になるのは目に見えてます。
それは最初から指摘されていたわけで、なぜ、従来の「なるべくボールを失わない」サッカーをいったん継承した上で「ボール奪取」の部分から手をつけ、奪える目途をつけてから「縦に早い攻撃」を導入する、というような段階を踏んだ変化を図らないのでしょうか…。

そもそもザッケローニ監督時代のサッカーって、攻撃に関しては強豪相手にもそれなりに通用していたんですよね。負けたのは主に「守備力がないから」。極端な話、ボールを持った時の攻め方を変える必要はなく、「奪われた時にどう守るか」「どうボールを取り返すか」を考えてくれるだけでも十分だったのに。「攻め方は変えてぐだぐだになり、守備はいっこうに良くならない」ものだから良いところが何もなくなってしまいました。

しかも最悪なことに、ハリルホジッチ監督と組んで「このバカげたサッカー(c)浅野」を推し進めてきた強化委員が既に協会を離れており、責任の所在がハッキリしない。
リアルに予選敗退してしまった時、協会の上層部は「彼のせいですけど、もう辞めたんで」と言い出しかねない状況なんですよね。

サッカー好きな静岡市民にとって、昨日は鬱々とした一日になってしまいましたが、なぜかhug.には一人、ホクホク顔の人が…
まあ、あれです。サッカーより野球!ジャイアンツ!!な人にとっては、昨日は久々に胸のスッとする一日だったようで。

随分前置きが長くなってしまいましたが、本題はこちら。
野球の『交流戦』です▼

昨夜の試合でソフトバンクが巨人に完敗。
巨人の先発が菅野智之投手でしたので、この結果自体はそこまで驚くことではありませんが、他の試合も結構、想定外のことが起きていて…。

まず4位の広島が金子千尋投手から1点をもぎとり、薮田和樹投手の快投もあって2位・オリックスに1-0で先勝。
そして5位・阪神も3位・西武に7-2で勝利

これでソフトバンク、広島、オリックスが9勝で並び、8勝には西武、阪神楽天、そして昨日勝って7勝目を挙げた中日にも、僅かながら「優勝」(最高勝率)の目が出てきました。

いやー盛り上がってます!
これで今日もう1回、巨人が意地を見せてくれたら、最後まで混沌とした優勝争いになるんじゃないでしょうか。

この際、しばしサッカーは忘れて、野球で楽しみたいと思います(愚痴が多くてすみません…)。

*1:ただ、代表経験のある選手によれば、状況関係なく、無理にでもああいう井手口選手のようなプレーをしないとすぐに外されちゃうらしくて。「しかたなくやっている」という声も漏れ伝わってきます。実際、縦パスを入れることに関しては日本人選手で屈指のセンスを持つサンフレッチェの青山選手も、一度呼ばれて好プレーを披露した後、ハリルホジッチ監督に何か言われて言い返したら、その後、二度と呼ばれなくなったそうですし…。