hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【ひとりごと】明日の緊急アポ待ち&今後のイベント日程について。

f:id:hug-s:20171012184738j:plain

まずは、お知らせから。
明日13日(金)ですが、下記の緊急アポ待ちが決まっております。

以上、宜しくお願い申し上げます、というか!

明日は13日の金曜日ですか…。
近年では映画『13日の金曜日』

の影響もあってか、キリスト教圏だけでなく日本でも「なんとなく不吉な日?」というような認識になっておりますが。
なぜ不吉なのかという理由に関しては、個人的に「イエス・キリスト磔刑に処されたのが13日の金曜日だったから」だと理解してたのですが、調べてみたところ、どうもこれは俗説のようですね。元々「13という数字そのもの」が西洋圏では忌み数であることに由来しているようです。

では13という数字が、なぜ嫌われるのか?
気になったのでちょっと調べてみたところ、これがものすごく面白くてですね!
良く言われる「宗教的な要因」以外にも…

「未知数」説
原初人間が身体で計算できた数は手指の10と両足の2、計12であり、それを上回る13は「不可能(未知)の数」であるから本能的に恐れたとする説。
「非調和な数」説
古代より暦の必要性から時間や方位などに六十進法が使われており、中でも60の約数の一つである12はそれらを構成する基準の数として、12か月や12時間、12方位などのようにしばしば用いられてきた。生活に広く根付いた基数の12に対し、12より一つ多く素数である13は、その調和を乱すものとして不吉な数と考えられた。

などがあるそう。
風習的にも「西洋では多くの建物で13階を作ることが忌避され、12階の一つ上は12A階もしくは12b階、12半階と呼んだり、13階を飛ばして14階にしたりする」とか「F1競技においては、以前はカーナンバーに13番は用いないことが慣習となっていた」とか。色々と面白い情報がウィキペディアにまとめられていました。興味のある方はご覧になってみて下さい⇒13(忌み数)
また13日の金曜日に関しても

キリスト教の影響が強い国であっても、イタリアで不吉な日は17日の金曜日であり、スペイン語圏では13日の火曜日が不吉だとされている。13日の金曜日を不吉とするのは、英語圏とドイツ、フランスなどに限られる。ただしフランスでは宝くじの売り上げが急上昇する、幸運な日でもある。
ウィキペディア『13日の金曜日』より

とのこと。必ずしも不吉な日という捉えられ方はしていないようです。
-------
話題は変わりまして、最後に。今月の割引イベント。
先週6日(金)および一昨日10日(火)に行われたサッカーの日本代表戦で割引クイズをやろうかな、と思ったのですが正直、カードが…。どうも今一つ、というか今三つくらい物足りない>-<;)
野球のCSでちょっと考えていますので、今しばらくお待ちを。

あとハロウィンも今、スタッフで検討中です。
ただ、毎年思うんですが、ハロウィンって基本的にはあまりエロスに向きづらいんですよね…。いいアイデアが思い浮かばない場合は、割引クイズを増やす形にするかもしれません。