hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【ひとりごと】2018.09.19(水)の諸々。

昨日、実施概要を発表しました第40回/割引クイズ
打者・大谷翔平!
MLB初年度
最終成績は…

大谷翔平選手の「レギュラー・シーズン終了時点」での『本塁打数』&『打率』を予想して頂くクイズですが、今日の大谷選手、アスレチックス戦に5番DHで出場し、
2打数1安打、2四球
という結果でした。
これにより2018シーズン通算の『本塁打数』『打率』は
20
291
となっております。

休日を挟んで今日からオークランド・アスレチックスとの3連戦。このチームは勝ち試合の7回以降に出てくるリリーフ陣は『メジャー最強』の布陣ですが、先発投手はそれほど強力でもありません。エンゼルスが早めに相手の先発を攻略し、負け試合のリリーフ陣が登場してくる展開に持ち込めれば、打撃成績アップのチャンス!
ですが大谷選手、実は1つ前のシアトル・マリナーズ4連戦あたりから微妙に打撃の調子は下降気味でして…。
ご興味のある方は、ヤクルト黄金期の名打撃コーチとして名を馳せた伊勢孝夫さんによる下記の解説記事をご覧頂きたいのですが▼

上で解説されている、まさにその通りの事が最近また起こっています。引っ掛けた打ち損ないのゴロが増え、打球があまり上に上がらなくなっているんですね。

そのあたりのことは大谷選手にもわかっているんでしょう。今日の打席をみると、第二打席のレフトフライ、第三打席の左前打ともに、無理やりというか意図的に体の開きを抑え、強引に流しにいってます。

結果、レフトフライは「ウォーニング・ゾーン(外野の芝生部分と後方フェンスの間にあるアンツーカーの部分)」まで届く大きな飛球でしたし、左前打は苦手意識の残る左腕からの綺麗なヒット。これで少し感覚が戻ってくるといいですね!

ということで、こういうことを毎日ブログに書いていたら、お店と関係ない話題ばかりでブログが埋まってしまいますので…^-^;)
明日以降は公式メルマガ『実施中のイベント』欄にて、成績をご案内する形と致します。