hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【ひとりごと】明日、公開しますが…。

明日10日(土)に『第43回/割引クイズ』の実施概要を公開しようと思っていますが、今日は、そちらで漏れた情報を。

まず今夜行われる侍ジャパン対MLB選抜のエキシビジョン・マッチ。
MLB側が意外な…と言っては失礼ですが、興味深いメンバーとなっており、一瞬
「割引クイズにしようかな」
と思ったのですが、このところ野球が続いたので、今回はやめておきました。

それにしても
●ロナルド・アクーニャJr.(外野手/アトランタ・ブレーブス
●フアン・ソト(外野手/ワシントン・ナショナルズ
の二人が両方とも来るとはヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
どちらか片方ならまだしも、ちょっとビックリです。
MLBにあまり興味のない方に簡単にご説明すると、この二人は今年のナ・リーグの新人王争いをしているのですが*1、それ以上にMLBの公式サイトが発表した「長期的なポテンシャルで見る今年のルーキーのランキング」で1、2位にランキングされた選手。3位がア・リーグの新人王最有力候補で歴史的な二刀流で話題となったあの大谷翔平選手ですから、向こうでどのくらい期待されている『次世代のスーパースター候補』かおわかり頂けると思います。

二人とも昨日の巨人戦でさっそく天井直撃弾(ソト)、フェンス直撃弾(アクーニャ)を放って気を吐きましたが、今日はどんな活躍をするか注目です。

さて。
日本ではプロ野球のシーズンが終わると何となくスポーツ・イベントがひと段落ついたような雰囲気になりますが、プロ・スポーツの本場、アメリカでは秋~冬にかけて巨大なマーケットを誇る
●アメフト(NFL
●バスケット(NBA)
のシーズンがスタートします。

特に『hug.の割引クイズ』的な意味で今年、注目したいのがNBA。
日本ではほとんど話題になっていませんが、ミネソタ・ティンバーウルブズのデリック・ローズ選手が、現地時間10月31日の試合でキャリア・ハイとなる「一試合50得点」を達成し、世界的な話題となっております。

シーズン序盤の1試合で、まるで優勝したかのような喜び方。
当人も泣いていますが…
なぜ、こんなことになるかというと、このローズ選手。2008年のドラフト1巡目1位指名(全体1位指名)でシカゴ・ブルズに入団すると、「ジャンプの途中に空中で方向を変える」と言われたほどの驚異的な身体能力を生かして攻守両面に圧倒的な力を披露。プレーだけでなくカリスマ的なリーダーシップも発揮してチームを牽引し、3年目の2010-2011シーズンには史上最年少の22歳6カ月でシーズンMVPを獲得するなど、若くしてスーパー・スター街道をひた走っていました。

そのままキャリアを積み重ねられれば今頃レブロン・ジェームスと並ぶような歴史的な名選手扱いされていたでしょう。ところがMVPを獲った翌年2011-2012シーズンのプレーオフ1回戦で左膝前十字靭帯を断裂すると、その後は復帰するたびに大けがに見舞われ、プレーからも徐々に輝きが消えていきます。その間、所属先も転々。昨年あたりは度重なる負傷により精神的にも落ち込み、「もうこのまま引退するのではないか」とも報じられました。

そして迎えた今シーズン。
ベテラン向け『最低保証給与』でウルブズと契約したローズ選手は、もちろん当初『控え』選手扱いでした。ちなみに、このチームのエースは、ローズ選手にとってブルズ時代に舎弟の一人であったジミー・バトラーですので、相当プライドが傷ついたと思います。
ただ、チャンスは意外と早く回ってきて、この10月31日、今シーズン初めて先発に抜擢されました。相手はユタ・ジャズ。今年のNBAチャンピオン候補の1つである強豪で、ただでさえ戦力差がある上にベストメンバーですらないウルブズからしてみると苦戦必至の相手です。

ところがゲームが始まってみると最初から最後まで、ローズの独壇場!
戦力差をものともせず接戦に持ち込む原動力となり、終盤の勝負所で大事なショットを全部決め、最後は逆転を狙った相手のシュートをブロックするというオマケまでついて、一人でジャズを叩きのめしました。

スポーツに怪我は付き物ですが、彼ほど苦労した人も少ないですし(普通は途中で引退しますよね、膝の靭帯が左右両方とも壊れてるわけですから…)、MVP獲得からどん底を味わい、プライドを捨てて控えに回っても、なお復活を目指す姿を見ていたNBAの新旧スタープレーヤーからお祝いのコメントも続々、届きました。

もうひとつ日本人として忘れられないのは、MVPを取った年に東日本大震災が起こり、その際、
「自分に何かできることはないか」
と考え、自身が試合で1点決めるにつき1000ドルというルールをつけ、自身が決めた点数分を東北に寄付。2013年9月に来日した際は、仙台でバスケットボール教室を開いてくれたことでしょうか。
こういう選手が復活して活躍してくれると嬉しいですよね^-^*)
7日のロスアンゼルスレイカーズ戦でも、またまた大活躍してますし。今シーズンはローズ、というかNBA絡みで何か出題してみたいと思っています。

f:id:hug-s:20181109192859j:plain

*1:能力的にも数字的にも互角とはいえ「3試合連続『先頭打者』本塁打」とか「5試合連続本塁打」のようなインパクトのある記録を作ったアクーニャJr.の方が、タイトルにはやや近いでしょうか