hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【ひとりごと】2017年6月30日(金)の諸々。

今月は個人キャンペーンの公開が中々進まなくてすみません>_<;)
もうプランは全部出揃っていて、記事自体も書き終わっているものが多いのですが、告知画像を作るのに手間取っておりまして。
明日、明後日で、ほぼほぼ全部公開できると思います。

さて。
明日71日(土)
ですが、蒼井真理子さんの待ち受け時間延長が決まりました!
当初の予定では「16時30分最終受付」でしたが

18最終受付
となります。
週末の一日、ぜひゆったりとした時間をお楽しみ頂ければと思います。

ところで、その蒼井さんの7月の個人キャンペーン『蒼井セレクト!お洒落&実用性ありのHandkerchief♪』▼

の実施概要記事を「何とか今日のメルマガに間に合わせたい!」と思って、色々フリー画像を探していたところ、途中で偶然、『木綿のハンカチーフ』の動画がヒットいたしました。

この曲が昭和の歌謡史に残る名曲だということは、私の世代でもさすがに知っているわけですが。あらためて聴いてみると…。

 

これ、すごい歌詞ですね!

 

あえて、あそこで終わる。
最後まで描かない。
それでいて、その後のシーンが目に浮かぶというか…

こんな風に受け止めた人もいるみたいですが▼

私はまったく、全然、1㍉も、彼女が振られたとは思わないし、思えない。
恐らく男は、最後の手紙を読んだ瞬間、荷造りもせず、着の身着のまま飛んで帰って泣いて土下座したんじゃないかと(笑)。

私のような単純な人間からすると、一途な女性の想いが最後「逆転ホームラン」に繋がる涙のストーリーにしか読めなくて、あらためて作詞家・松本隆さんの凄さを思い知らされました。

楽曲に関する当時の制作秘話はこちらに詳しく書かれていますが。「日本の歌謡史に前例のない」手紙形式の詩に、わずか1日でしたか、即効で曲をつけて松本さんを驚かせた筒見恭平さんも、やっぱり不世出のメロディ・メーカーだなと…。この一曲を聴けただけで、今日は良い一日だったような気がして、あまり前例はありませんが、動画を『告知用イメージ動画』として採用させて頂きました。