読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【女性会員さんの日常】意外な盲点。

女性会員さんの日常 浜田麻希

f:id:hug-s:20170301154928j:plain

ここ最近、午前10時くらから午後15時頃にかけて「お昼時をまたいで」アポ待ちなさることが多い浜田麻希さん。
こういう待ち受け時間の設定をした場合、見過ごされがちな盲点・難しい点が1つありまして。それが「食事のタイミング」。かつて夜間アポ待ちが中心だった頃の浜田さんは、ご自宅で早めの夕食を済ませてからお待ち合わせに向かわれていたわけですが。今のアポ待ちパターンですと「待ち受け時間の真っ最中」に上手く時間を作って昼食をとる必要が出てくるんですね。

しかし、これが案外難しいものでして。
予定が詰まって結局、昼食抜きになってしまうこともしばしばです。

ちなみに、ほとんどの女性会員さんは、「午前中からアポ待ちする場合、お昼くらいで受付終了」とか。逆に「昼食をとったあと午後からアポ待ち」というように、なるべくお昼をまたいでアポ待ちなさるのを避けてらっしゃいます。定期的に「お昼またぎ」の待ち受けをなさるのは、今だと浜田さん以外に蒼井真理子さんの『フル出勤日』の時くらいでしょうか。月岡真奈美さんもいちおうお昼をまたぎますが、基本的に「お一人様限定」というゆったりしたペースのため「お昼が食べれなくて」というような状況にはなりづらいです。

それはさておき。
3月の浜田さんの個人キャンペーンは、こういった状況に対する『逆転の発想』といいますか。

「待ち受け時間中に食事の時間を作るのは難しい」
「であれば…」
「お待ち合わせの中身・システムの一環として、お客さまと一緒にお昼を食べちゃえばよくない?」

というもの。
我々の業界も真面目に接客する女性は結構「体力勝負」でスタミナが必要ですし。食事はやはり「10分でパン1個と缶コーヒー」というような焦って済ます形ではなく、しっかりと取って頂きたいと思っております。
企画立案者の浜田さんも

「これ案外いいプランだと思わない? 使ってくれる人が結構いるようなら個人オプションっていうか、知る人ぞ知る裏メニューにしたい!」

と仰っておりました。
これが流行るようなら、浜田さんの許可を得てアレンジし、お店として「昼食付きコース」のような新たなシステムを付け加えることも考えています。