読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【女性会員さんの日常】木村さん推薦、お散歩コース。

女性会員さんの日常 木村朱里

最近では当り前のように使っている『個人キャンペーン』という用語。
「他のお店にない、このお店ならではの個性が欲しい」ということで旧々会時代に始めたサービス案ですが、当初は今のように『月替わり』とまでは考えていなくて、女性会員さんから見て「お客さまが飽きてきたな…」というタイミングで変えていけばいいのでは?などと、悩んでプランを捻出するのは女性の方々なのにお気楽なことを考えていた私ですが(笑)。それはさておき。。。

こういうものをお店で立案したとしても、女性の皆さんが協力して下さらなければ日の目を見ることなく終わってしまいます。
同時に。。。いざ始まっても、お客さまが「つまらない」と思って使ってくださらなければ、それはそれで早々に終わってしまうわけで…。何年も続いているのは、ひとえに女性会員さんたちが「面白い」企画を出し続けて下さっているからに他なりません。

中でも蒼井真理子さんや木村朱里さんはじめ立ち上げ当初から参加して下さっている方々が、黎明期にインパクト絶大なプランを連発して下さったことが、『個人キャンペーン』というサービスの定着に大きな役割・貢献を果たして下さったのは間違いなく、言葉では言いあらわせないほど感謝しています。

さて前置きが非常に長くなりましたが、木村朱里さんの1月の個人キャンペーン
新春の野外羞恥プレイ!飛びっこプラスお散歩
個人キャンペーンというアイデアが注目され根付くきっかけにもなったキャンペーン史上に残る『伝説のプラン』であり、これまでにも何度かリバイバルで実施されていますが。最近になって当会に興味を持ってくださった方にとっては、「へぇ…そんなプランがあったんだ」と初めて知った方もいらっしゃるでしょう。
そういう方の中には、利用するにあたって「飛びっこをどういう場所で、どんなふうに使って楽しめばいいかわからない」という方も多いのではないかと。

そこで、あらためて、このプランを利用する際の『木村さん推奨!お散歩コース&使用ポイント』をご紹介しておこうと思います。
下記をご参考頂いた上、他に「こういうのはアリ?」というお客さまオリジナルのプランがございましたら、お問い合わせ頂ければ幸いです。

↓ situation.1:常盤公園で...
青葉通り交番裏の『常盤公園』でお待ち合わせ。
合流後、二人で園内を見渡し「とりあえず腕を組んで一周歩きながら、人がいる場所の側で適当にスイッチをいれようか」でもいいですし。
「あそこの子供に声を掛ける」とか「ベンチに座っているサラリーマンの人に挨拶する」みたいな打ち合わせをして頂いて、木村さんがターゲットの前に移動。お客様は離れたところから様子を伺いつつスイッチを入れたり切ったり…みたいな遊び方をして頂けます。
↓ situation.2:ドンキホーテで...
こういうものは、やっぱり「人の多い場所で使ってこそ」ですよね。ということで、お待ち合わせの場所は両替町通りの『ドンキホーテ』前。込みあったショッピングビルの中で遊ぼう!がテーマです。
地図の中で解説をして頂いていますが、随所に木内さんらしい「Mな遊び心」の詰まったご提案があります。あまり運動したくない・・・といったらアレですが、ウロウロ歩かずに飛びっこの面白さを堪能したい方にピッタリかと。
このコースだと、最後は『Zoe(ゾエ)』に入って頂く形でしょうか。
↓ situation.3:駅南なら...
繁華街を移動しながら「道行く人たちの反応をみて楽しみたい!」という、より『お散歩♪』感覚の強いコースをご希望の方にお勧めなコースがこれ。駅南でお待ち合わせ頂き、下の地図で示したルートに沿って歩いて頂きます。
地図の中ではホテルに到着するまでの約10分の道のりの「どこでスイッチを入れられると興奮するか?」を木内さんが解説してらっしゃいますが、他のコースと違って使用ポイント(場所)が複数あることから、使い方のバリエーションも多いのが特徴。「冬の寒さはへっちゃら!」という方はぜひ。
↓ situation.4:最寄りのコンビニで...
お待ち合わせの『場所』を問わない便利な遊び方です。
合流後、お二人で最寄りのコンビニに移動。そこで木村さんに買い物等の指示を出して下さい。例えばですが「しばらく雑誌を立ち読みした後、何かお薦めの飲み物を買って来て」みたいな感じでしょうか。

そして、
・立ち読み中
・飲み物を選んでいる時
・会計でレジに並んでいる時
などにスイッチを入れたり切ったり…という感じです。
このシチュエーションではワイアレスの特性を生かし、少し離れたところからリモコンを操作した方が面白いかも?

hug-s.hatenadiary.com