読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【水澤さん】2017年1月の個人キャンペーン!

個人キャンペーン 水澤彰子

f:id:hug-s:20170103183150j:plain

キャンペーン・タイトル
我が家のレシピ
新春╭( ・ㅂ・)و
七草粥

企画の内容(水澤さんより)
謹んで初春の
お慶び申し上げます

旧年中は
格別の御厚情を賜り
厚く御礼申し上げます

今年最初のキャンペーンは
七草粥

これを作ってみましょう

3か月連続料理ぢゃん
おまえ何屋だよ
と言われそーですが

しかし
これが来月のキャンペーンの
布石になるのでした

2月!乞うご期待

水澤拝

お店より/補足
11月のリゾット
12月の鶏モモ肉の『炭火焼』
いずれも大好評だった水澤彰子さん。今月はお料理以外にも複数の企画案があって悩まれたそうですが、「1月にしかできない旬のプラン」という理由で、三か月連続の手料理シリーズ『七草粥(ななくさ・がゆ)』を作って下さることになりました。

ご希望の方全員に対応。
容器のタッパーは差し上げますので、その場でお召し上がりになるより、
「お家に帰ってレンジで温めて食べて頂いた方が、より美味しいかと思います」
と水澤さんは仰っておりました。
味付けの塩分等についてはご予約時にお好みを伺いますが、
「薄めに作りますので、食べる前に塩を加えたり。お醤油を数滴たらしたり? お好みに仕上げてもらったほうがいいかも」
とのことです。

お料理の差し入れ企画というのは、お客さまの好物かどうかによって利用率が大きく左右されるため、「当たり/はずれ」が結構あるジャンルなのですが、思い出してみると水澤さんのお料理企画はどれも打率が高いんですよね。
理由を考えたとき、ひとつには、彼女は非常に予約が取りづらいこともあって、取れた方はロングコースになさることが多く、その場でお喋りを楽しみながらお召し上がりになるだけの時間の余裕があることがあるのでしょうか。
ただ、何より大きいのは、ひと手間かけた丁寧なラッピング、盛り付けも含めた『料理自体の見栄え』がものすごくいいこと。これが大きいと思うんです。要は「食べてみたくなる」んですよね。

前に『栗おこわのおにぎり』をお裾わけして頂いた時も驚いたんですが、単に「炊いたものを握りました」というようなものではなく、栗や小豆をトッピング風に使うなどきれいに見せる工夫があって、なおかつ中に入っている栗の配置とか個数、小豆とのバランスまで考えてらっしゃいました(笑)。

味の好みは人それぞれあるとはいえ、私はこの見栄えだけでも「見てもらいたい」と思って、キャンペーンのご依頼がない方にも「お客さま!これはもらっておいた方がいいですよ」と毎回お勧めしています。
今回は色味の少ない地味(!?)なお料理ですが。
出来栄えはいかに!?

補足/注意事項
ご自宅で作って持ってきて頂く形となりますので、このプランは「お待ち合わせ前日まで」に事前予約をして下さった方限定。ご予約の際に必ず「七草粥希望」と仰って頂きますようお願い申し上げます。

その他、疑問点等のお問い合わせ
SHOP電話番号:054-275-2010

▼今すぐご予約
0120-4289-20(0120静ハグ通話)
公式サイトに戻る