読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第18回/割引クイズ】恒例のスタッフ予想を。

店舗イベント/キャンペーン

只今絶賛実施中! 90分無料の割チケが当たる第18回/割引クイズ
今回は競馬の『有馬記念』で1~4着までを着順通り当てる「四連単」にチャレンジして頂く企画となっておりますが、これまでこうした「超難問」の際に行ってきた「追加特典アリ!」のスタッフ予想を今回も実施してみたいと思います。
下に書いた私・岩崎の予想が当たった場合、クイズで不正解だった方の中から

抽選で1名様に
90コース無料

の割チケをプレゼント^o^)/

ということで61回目を迎える『有馬記念』ですけれども。
ラブリーディは電撃引退し、リアルスティールエイシンヒカリも回避。マカヒキディーマジェスティも回避。このへんはまあ、いいでしょう。むしろ理解に苦しむのはエアスピネル。距離が不安視された前走『菊花賞』で、あれだけ道中掛かりながら直線で渋太く追い込んで3着に入り、個人的には勝ち馬以上に見どころのある内容だと思っていたのに…。
激走の疲れから来る体調不良やローテーションの間隔を考えてならわかりますが、次走は正月の金杯だそうで。いやもう、何だろう。理解に苦しみます^_^;)
表向きには「距離が不向き」ということになっていますが、おそらくは有馬記念キタサンブラックに乗らざるをえない武豊騎手に気を使ったのかな。ムーアでも乗せて出走してくれるなら「軸に」と考えていたので残念…(´Д`)

まあ出ない馬のことをいつまでも語っててもしょうがないので、出る馬を見渡してみると、やはりこれだけ有力馬が回避すると、薄いメンバーになるのは致し方ない。
前売りで単勝10倍を切る人気の4頭
キタサンブラック
サトノダイヤモンド
ゴールドアクター
サウンズオブアース
は、どれもこの一年大崩なく安定して走ってきた馬ですし
・復調すれば怖いマリアライト
・重賞で善戦が続くシュヴァルグラン
の2頭も含めた6頭が「1~4着圏内」と割り切って、あとは着順がどうなるかにしぼって考えたいと思います。

で、有力馬の置かれた状況ですが。

まず現在1番人気の逃げ馬・キタサンブラック
この馬はもう圧勝した先月末のジャパンカップに続いて「1枠1番」を引いたのが物凄く大きい(๑˃̵ᴗ˂̵)و
人馬ともに屈指のスタート巧者ですので、何の不安もなく得意の「逃げ」に持ち込めそう!

…かというと、そうでもないというか。
2番人気・サトノダイヤモンドのオーナー里見治氏が、もう一頭、先行力のあるサトノノブレスを出走させていて、これがおそらくキタサンに突っ掛けていく可能性大。
他にもサトノダイヤモンドの生産者で、毎年セレクトセールで高額馬を大量に買い付けるにもかかわらず大レースにはいっこうに縁のない里見オーナーに気を使ってる感アリアリのノーザンファーム社長・吉田勝己氏も、自身が所有する先行馬ムスカテールを出走させていまして。この馬も恐らくキタサンのハナを叩く鉄砲玉の役割を果たしそうです(笑)。

となるとキタサンもジャパンカップほど楽に逃げさせてもらえない。気持ち良く逃げられない時の逃げ馬は、やはり割引が必要ですし。そもそも逃げ馬に乗った時の武豊騎手は追い込み馬に比べて信頼度がやや低下。キタサンブラックもこの一年、安定はしてますが圧倒的な力の差をみせつけて勝ったレースがあったか?と言われるとそうでもない気もしますので。展開、実力の両面から今回は少し評価を下げました。

対する2番人気のサトノダイヤモンドは、これまたキタサンブラックに負けず劣らずのスタート巧者。サッと好位を取る行き足の良さがあって、コーナリングもまずまず器用、なおかつ短い直線も苦にしない末脚の一瞬の斬れもアリと、まさに中山競馬場にもってこいのタイプです。なおかつ折り合いに不安がなく展開に左右される不安もナシですから、言うことありません。
ただ、この馬は同世代としか走っていませんので古馬との力関係がはっきりしない。
「豊作」と言われた今年の3歳馬ですが、夏以降、混合戦に入った途端、古馬に全く歯が立たず…。「本当に豊作だったのか?」という気がしないでもないですが(笑)。いちおう、この馬の操縦性の高さとポテンシャルに期待して、今回のレースでは頭に持ってきたいと思います。

あとはもう、あまり深く考えず「騎手がデムーロであること」と「馬自身の実績」の2つを重視。

1.サトノダイヤモンド
2.サウンズオブアース
3.キタサンブラック
4.ゴールドアクター

こんな感じの予想にしたいと思います。
皆さまの予想は明日25日(日)の15時10分に締め切り。たくさんの参加をお待ちしております。

hug-s.hatenadiary.com