hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【ひとりごと】2017年6月6日(火)の諸々。

昨日実施概要を発表した『第22回/割引クイズ』では、参加メールを送る際、本文欄において、任意回答で「当会の割引クイズに関するご意見・ご感想」をお願いしました。

「今回のクイズは面白かったかどうか」
「難易度はどうか」
「今後どんなジャンルで出題してほしいか」
「参加の手続きなども含め、どうなれば、もっと参加意欲が湧くか」
こういった点について、ぜひ忌憚のないご意見を頂ければと思っておりますが、これとは別に『春の応募型キャンペーン』を実施した際にも、「割引イベントにおける還元のしかた」に関して様々なご意見を頂きました。

中でも多かったのは、特典の本数が少ないと、やはり「当たる気がしない」ということで、コース無料割チケのような大幅サービスの特典を数本ずつ出すより

  • 30分サービス
  • 3000円OFF

くらいの特典を中心に据えて幅広く還元して欲しいという声。もしかすると夏か秋の『応募型キャンペーン』では、「90分コース無料」を目玉的に1本出して、あとはもう少し小幅な特典を還元額いっぱいまで出す形にするかもしれません。

ただhug.の割引イベントの中で『応募型キャンペーン』は3回連続400通前後の応募を頂いており、これが地方の中規模店のイベントとしては異例の成功であることも事実でして…。上手くいっているものを「あえて、いじる」のは、ちょっと怖い面もあります。現状の特典に満足・納得してらっしゃる方は、基本、何も仰らないので、私共には声が届きにくいですし。特に何も仰ってらっしゃらない方々がどういう風に考えてらっしゃるのかも含め、十分なリサーチのないまま下手にいじった結果、参加して下さっている方が減ってしまうと残念です。

その点『割引クイズ』は、参加なさっている方の数が、一番多い時でも『応募型キャンペーン』の半分以下。つまり当会の割引イベントに興味を示して下さっている方々のうち、半分も掘り起こせていませんので。色々テコ入れであったり、いじりやすい面があります。

いちおう今回は「大幅割引のチャンス!」という従来からのイベントの主旨を生かすことを念頭に

  • 難問だが正解の確率がみえるクイズ
  • 参加メールの記入の手間をなるべく減らす
  • 全員が外れだった場合は抽選で還元

という形にしましたが、皆さまから寄せられたご意見によっては、今後、「特典の総額を決めた上で問題の難易度を落とし、正解者多数の場合は抽選」というような形も採れます。

今月は、先月何もイベントをやらなかった分も含め『割引クイズ』を何度か実施したいと思っています。
せっかくですからたくさんの方に楽しんで参加して頂けるものにしたいと思っておりますので! ぜひ、色んなご意見をお聞かせ下さいませ_ _)_

hug-s.hatenadiary.com