hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第25回/割引クイズ】補足の情報を。

こちらの記事では、第25回割引クイズ『大詰め!W杯最終予選 あの選手は最終選考に…』に関しまして、クイズで「なぜ本田選手と森岡選手を取り上げたのか?」という出題の意図や、その他の補足情報についてご案内させて頂きます。

本田圭祐選手について
この夏、3年半所属したイタリアの名門・ACミランを離れ、メキシコのパチューカに移籍した本田圭祐選手。
ACミランでは、セリエならではの「個による局面の打開」が求められる戦術に苦しみ、最後のシーズンはほとんど試合に出れない、いわば「飼殺し」の状態になってしまいました。同時に所属チームでの出場機会激減による「ゲーム勘の喪失」も危惧され「日本代表に選出すべきではない」という声も上がり…。結果的には前戦のイラク戦でも先発出場するなどハリルホジッチ監督からは引き続き篤い信頼を得ているものの、今予選のスタート当初に比べると立場は微妙なものとなっています。

一部のファンやメディアの間に根強い「本田不要論」も燻る中、私的には「なんだかんだ言って代表の試合では誰よりもチャンスに絡んできた選手だし」「サブに回ることはあっても、選ばれないってことはないのでは?」と思っていました。

が…。さすがに今回はちょっとピンチかもしれません>-<)/
というのも「欧州で移籍先を探して欲しい」というハリルホジッチ監督の意向に反しメキシコへの移籍を選んだ点に関しては、ファンの間でも「このところ試合中のスタミナ切れが目立ってたし。ちょうどいい高地トレーニングになるんじゃないの」というような好意的な意見(?)もあったりして、それはまあいいとして。メキシコでは既に7月後半からシーズンがスタートしているわけですが、本田選手は、ふくらはぎの怪我で未だ出場なし。23日の試合でいよいよベンチ入りするという情報があるものの、これはもうメンバー発表の前日ですし。万が一この試合でベンチ入りしないとか、してもただ座ってるだけということになると…。さすがにちょっと。ゲーム勘うんぬんならともかく、怪我で動けない人を呼んでも人数枠を1つ無駄にするだけになってしまいます。

メンバー発表からオーストラリア戦まで1週間。サウジアラビア戦までは、またさらに1週間の時間が残されているとはいえ、そこで怪我が回復したとしても、全体的なコンディションとして「戦える」状態になるのかどうか。日本サッカー協会の西野朗技術委員長は「コンディション重視」の方針を明言しているそうですし、これを言葉通りに受け止めるなら、今回は招集を見送られても不思議ではありません。

ただ、本田選手のここ一番での「持ってる」感は、やはり捨てがたい…!
前回W杯の最終予選も、最後に本戦行きを決めたゴールは、オーストラリア戦での本田選手のPKによるものでした。
ちょっとダフリ気味で危なかったとはいえ、あの場面で躊躇なく蹴りに行けるハートの強さであったり、外しても「しかたない」と思ってもらえる選手が他にいたか?といわれると、確かに思い浮かびません。

f:id:hug-s:20170822024954j:plain

残り2戦、最低1つは勝たないとプレーオフに回る可能性が高い日本代表。
何気にけっこう追い詰められた状況の中、ハリルホジッチ監督や協会の強化スタッフは、かつてのエースに、どういう判断を下すのでしょうか。単純な選手としての注目度に加え、今のところ選出されるかどうか半々だと思いますので、今回のクイズで選択肢として採用させて頂きました。

森岡亮太選手について
本田選手と共にザッケローニ監督時代から日本代表の攻撃の中核を担ってきた香川真司選手ですが、6月末に行われた親善試合・シリア戦で肩を脱臼。所属先のドルトムントでもシーズン前ラストの調整試合にようやく間に合ったという感じで、リーグ開幕戦は終了間際に交代で数分出ただけと、こちらも怪我で出遅れています。
香川選手の場合、本田選手と違って既に欧州のトップリーグで試合に出られるまで回復していますから、おそらく招集はされるでしょう。ただコンディションの不安もありますし、バックアップは必要です。

ところが。。。香川選手のような攻撃のテンポやリズムを作り、最後の所でアイデアを出せるタイプの選手って、今の日本には案外少ないですよね。

清武弘嗣選手は現在、怪我でリハビリ中。このところ続けて招集され、試合でも起用されているガンバ大阪倉田秋選手も、Jリーグでのデキが今一つで、チームの成績も下降気味です。Jリーグから選ぶなら、相変わらず元気で巧みな中村憲剛選手であったり。あるいは、もう…それこそ中村俊輔選手がいいのでは?という気もしますが、今さら大ベテランを招集するかといわれると、まあ、ないでしょう。

となると、海外組重視のハリルホジッチ監督がまずピックアップしそうなのが、今週スペイン・リーガエスパニョーラでデビューを飾った柴崎岳選手(ヘタフェ)▼

動画を見ても、まだチームにフィットしているとまでは言えない感じですが、守備の局面では厳しいチェックからボールを奪うなど、ハリルホジッチ監督好みのデュエルを披露しています。

そしてもう一人!
ここにきてにわかに注目を浴びているのが、ハリルホジッチ監督が名前を挙げたと言われる元神戸の森岡亮太選手。今シーズンより、ポーランド1部のシロンスク・ヴロツワフから、ジュピラーリーグ(ベルギー1部リーグ)のワースラント=ベフェレンにクラブ史上最高額で移籍し、開幕からチームの攻撃の核としてベルギー国内に一大センセーションを巻き起こしています。
「試合後にインタビュー依頼が殺到して記者が帰してくれない」というその熱狂ぶりはこちらの記事からも伝わってきますが、なにしろ昨シーズン30試合で28点しか取れなかったチームが、メンバーも森岡選手が加わった以外ほぼ変わらないのに、今シーズンは第4節までに既に10得点。このままいくとシーズン70点を超えるペースでゴールを積み重ねており…。
森岡選手は2得点4アシストとゴール全体の6割に絡んでいるだけでなく、動画をご覧になって頂くとわかるとおりピッチの到る所でボールの中継役として出色のプレーを披露。マイボールの際にチームメイトは森岡選手が視界に入ると必ずボールを預けるなど、今期加入した選手とは思えない絶大な信頼を勝ち得ています。

第3節オースデンテ戦(1アシスト)▼

第4節ロケレン戦(2アシスト)▼

「もっとも出来が良かった」といわれる第2節の動画がなくて残念!

ジュピラーリーグ(ベルギー1部リーグ)というと、昨シーズンの終盤、久保裕也選手がゴールを量産して話題になりましたが。今回、現地での衝撃度はその久保選手を上回るものだそう。
まあ確かに。スペースに向かって走り込む味方選手の足にピタッ、ピタッ!と合うパスは、見ていて気持ちがいい♪ 人気が出るのも頷けますよね。
開幕週の「最も美しいアシスト」に選ばれたこのプレーなんか、惚れ惚れします▼

恐らく守備の面では敏捷性のある柴崎選手の方が貢献度は高いと思いますが*1、攻撃に関しては、良くも悪くも球離れの早い柴崎選手より、身長180cmと日本人にしては体格もあってボールを収めることもでき、受け手の動きに合わせてプレーの選択を行なう森岡選手の方が、即席チームにはマッチしそうな気がします。

というか、ですね。
柴崎選手の所属するヘタフェには、既に日本サッカー協会からの招集レターが届いたという話もありますので(笑)。
今のところまだ当落線上の森岡選手をクイズの選択肢にさせて頂きました。

ここからはクイズに関する話ですが、メンバー発表の前にメディアから「誰それの元に招集レターが届いたらしい」という話が漏れ伝わってくる可能性もあります。
そのへんは、こちらではもう予見のしようもありませんし…。
何がしかの記事が出て答えがわかっちゃった場合は「ラッキー・クイズ!」だと捉えて頂き、お知りになった情報を元にご回答頂いて結構です。
その意味でも、参加メールの受付締め切り時刻(24日・13時)直前までインターネットなんかで情報をさらって頂ければと思います。

なお、代表メンバーの記者発表の模様はJFA-TVにて生中継されるとのこと。平日ですが、お時間のある方はぜひ!
-------
最後になりますが、参加メールの本文欄に、クイズの回答とともに「何がしかメッセージ」を書いて頂きますと、より抽選に当たりやすくなります。
メッセージは「お店に関すること」「会員女性さんに関すること」だけでなく、今回はクイズがこういうテーマですので。「最近の日本代表について思うこと」とか「今回のメンバー選考でぜひ選んで欲しい選手」みたいな内容でもOKですよ^o^)/
それでは、皆さまからのたくさんの参加メール、お待ちしております!

*1:神戸のサポーターによると森岡選手の唯一の欠点は走る際のスピードのなさだとか