hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第27回/割引クイズ】クイズの正解等、イベントの結果発表を!

f:id:hug-s:20171116191110j:plain

個人的には「不満はあれど、ひとまず納得」の2戦でしたが。
皆さまの目には、どう映ったでしょうか。
それでは第27回/割引クイズ『vsBrasil / vsBelgium 親善試合2戦合計で…』の「クイズの正解」ならびに「特典当選者」の発表、そして各種イベント・データのご報告をさせて頂きます。

クイズの正解

A(0~1点)

日本代表の得点の内訳は

  • ブラジル戦:
  • ベルギー戦:

となっています。

抽選結果
A(0~1点)と予想なさった方の中から抽選で1名様に...
60分コース無料 当選者の方
● 立直 様

以上となります。
抽選当選者の「立直」さまには明日17日(金)の正午までに特典のご利用の手引が書かれた
「当選者メール」
を送信。正午を過ぎても届かない場合は恐れ入りますが下記までご連絡下さいませ。

▼お問い合わせ
054-275-2010
※特典は「当選者メール」の中に記載されている「合言葉」を仰って頂くことで使用できる形となっております。当選者メールが届かないと特典がご利用頂けなくなってしまいますので…何とぞ宜しくお願い申し上げます
_(_ _)_

今回の参加総数は215通。
前回から大幅増で、参加数の記録を更新しました*\(^o^)/*
不思議なのは前々回が、今回と似た
・約2か月ぶりの割引クイズ開催
・サッカーの日本代表をテーマにした出題
で参加メールが100通を割り込むほど落ち込み、「久々の開催で、情報に気付かれる方が少なかったからかも」と総括したのですけれども。今回はにたよう状況なのに過去最高…。しいて理由を考えるなら、今回は参加メールの受付期間が割と長めだったからでしょうか。前々回は中一日でしたので。
いずれにしても増えて良かったです٩(ˊᗜˋ*)و

ちなみに4択の各項目へのメール投票数を集計すると
・A(0~1点):21通
・B(2点):124通
・C(3点):52通
・D(4点以上):18通
「B」が突出して多く、実施概要公開初日にメールを下さった方の9割近くが「B」で回答なさっていたでしょうか。逆に「C」は締切日にどっと増えており、「店長の予想を信じて」という主旨のコメントを書いて下さった方が何人か…orz
ハズしてしまってすみません>_<+)

vs Brasil
日本代表のスタメンをみたところ、W出場を決めたオーストラリア戦から左右のFWが変わっただけ(※左が乾選手から原口選手に、右が浅野選手から久保選手に代わっています)。恐らくこれが「デュエル重視」のハリルホジッチ監督が考える、強豪と戦う際の現状のベストメンバーなのでしょう。

f:id:hug-s:20171116183117j:plain

試合の方も開始当初は素早いプレスからボールを奪うシーンもあり、これが90分持つのかどうかは別として、個人的には今までにない可能性も感じました。少なくともこういう印象は持たなかったです▼

吉田麻也選手をはじめ一部の選手やブラジルシンパな評論家の中には「ブラジルは後半は流していた」的なことを言う人もいるわけですけれども。レギュラークラスには多少なりともそういう面はあるにしろ、交替で出てきたジエゴ・ソウザとかアレックス・サンドロ、タイソン、ドゥグラス・コスタのようにアピールしないと次の代表招集はない人たちにそんな余裕があろうはずもなく、それは先発したもののレギュラー確保は困難なジュリアーノやダニーロも一緒。そこまで適当にやるわけはなく、

たとえブラジルであっても相手が1.5軍なら、バカげたファールやミスさえしなければ失点は0に近いところまで抑えられ、スコアの上ではほぼ互角に戦える。少なくとも『俺たちのサッカー』時代よりは、勝てるチャンスが出てきたのではないか。

と感じました。実際ドウグラス・コスタの自慢のドリブルも、この試合では通用する気配もなく、タイソンも消えて全くの不発。『俺たちのサッカー』時代の緩い守備では誰が出て来ても楽に持ち味は発揮されていたわけで、そういう点では自信を持っていいと思うんですよね。

ただ、この選手構成だと取ったあとが酷い…。何をしていいのかわからないまま焦って精度の低いパスや無理なチャレンジですぐにボールを失ってしまう。そんなハリルホジッチ監督流のデュエルJAPANの最大の弱点・悪癖も目につきました。
デュエルの重要性は否定しませんが、それだけで試合に勝てるわけではなく、結局はアイデアや技術のある選手がいないと行き詰るんですよね。

あともう1点。スカウテンィグの部分にも、ちょっぴり疑問が。
南米予選を圧倒的な強さで突破した今のブラジルは、中盤の3人がボール奪取に優れた選手で、その点ではチッチ監督とハリルホジッチ監督は考え方的に似てるんだと思います。で、日本ほどではないとはいえ、中盤にややクリエイティヴィテイが足りない分をどうやって補っているかというと…。左SBのマルセロの展開力が膠着したゲームを動かす大きな武器になってるんですよね。
マルセロというとSBとは思えないような異次元のテクニシャンで一般的にはアタッキング・サードでのチャンスメイクが売りの選手ですが、正確なキックを生かした低い位置からのゲームメイクにも実は長けていて、そこをフリーにしてしまうと厳しい。中央でショートパスをちょこまか繋がれる分には山口選手や井手口選手など出足の良い選手である程度対応できますが、サイドの低い位置から精度の高いロングパスなんかで大きく振られると、どうしてもギャップができてしまいます。

プロの中にはこういう意見もありますが▼
【現役の眼】橋本英郎がブラジル戦を見て考えた「日本はどうすれば強豪国に勝てるのか」
結局のところネイマールは背負った状態でも演技で倒れたり何だり、あらゆる手段を使ってマイボールにしてしまいますので。割り切ってマルセロを抑えに行った方が良かったような気も。

まあ、いずれにしても差があることは確かですが。香川選手はともかく本田選手や岡崎選手を入れて解決するわけではないので、ロシアW杯はこの路線をブラッシュ・アップしてボール奪取後の創造性をどう生み出すか考える方向に行くんでしょう。

vs Belgium
ブラジル戦は井手口選手がトップ下、山口選手と長谷部選手が2ボランチに入る4-2-3-1で臨んだ日本代表。このベルギー戦では、相手が3バックということもあって井手口選手と長澤和輝選手をインサイド・ハーフに起用し、山口選手をアンカーの位置に配する4-3-3で臨みました。

この戦術変更で「奪った瞬間の速攻」という面では微妙に創造性がUPしたのかもしれませんが、まあ大差ないと言えば大差ない…^-^;)
そして相手のキーマンであるデブライネ選手にはだいぶ仕事をされました。
ブラジル戦でマルセロを自由にさせ過ぎたのに似ているような。

で、最終的にはナセル・シャドリの突破からロメル・ルカクに一発入れられて0-1で負けるわけですけれども。

f:id:hug-s:20171116183150j:plain

ルカクはこれでベルギー代表最多得点なのだとか。
そう言えば、以前、街コミュ。時代にクイズのテーマにした際にも…▼

f:id:hug-s:20171115151225j:plain

1点献上してますので、日本代表はだいぶ貢献してます(笑)。

話を戻して、ベルギー戦のサマリーとしては、良い面も悪い面もブラジル戦と一緒。守備ではやれるところを見せられたものの、攻撃のアイデア不足は深刻でした。一部には失点の場面で「四人がかりでシャドリを止められなかった」点を非難する人もいますが、190cm近いフィジカルのある大男が一度スピードに乗ってしまうと、そんなに簡単に止められるはずもなく…。そんなことよりレギューラーが2人欠けている最終ラインを相手に、ほとんどチャンスが作り出せなかったことを問題視すべきなんでしょう。

その意味で、今回の2試合中、流れの中から最も相手ゴールに近づいたのがどういう場面だったのかを思い出すと、今後の方向性が見えてきそうな気がします。

流れの中から点が取れそうだった場面を思い返すと、
●ブラジル戦の後半、完璧な崩しから浅野選手がQBK気味に外した場面
●ベルギー戦の後半、ワンタッチのパス交換から、相手の目測の誤りもあって杉本選手が抜け出した場面
この2つになるかと思います。
そしてこの2つの場面に大きく関わっていたのが森岡選手だったわけで…。
デュエルも大切ですが、やはり一人くらいはボールを預けた時に何かアイデアを出してくれる選手が入っていないと何も起こらない。彼がピッチに入った後、長友選手をはじめアイデアやキック精度のない選手が自分に出来ないことを無理にしようとするのをやめて、もっと彼を使う意識を持ってくれてれば、もう少し得点機が作れていたような気もします。この役割には香川選手もいますが、上背があってハイボールにも対応できる点では森岡選手も捨てがたい…。いずれにせよ、敵のプレスに動じないボールテクニックとアイデアのあるパスを出せる選手を一人でいいから入れて欲しいなあ、と。

ということで世間的には盛大に叩かれているようですが、ここまで来たら路線を変えるのも難しいですし。個人的にはハリルホジッチ監督の考えるような形でチームが成熟していくのを穏やかに見守ろうと思っております(笑)。
次回の割引クイズは、なるべく早めに。今月中にもう1回くらいはやる予定でいますので、どうぞお楽しみに^o^)/