hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第28回/割引クイズ】明日の夕方19時に参加メールの受付締め切りです!

f:id:hug-s:20180322192535j:plain

まだ、あと丸一日近く時間がありますが。クイズの答えをゆっくり検討して頂けるのは今夜が最後。早めに最終告知をさせて頂きますね。
只今実施中!
第28回/割引クイズ『W杯直前!親善試合2戦合計で…』

こちらの参加メールの受付が

明日23日(金)
午後19:00

に締め切りとなります。

「簡単なメールを1通送るだけ」
で参加資格ゲット。
どうぞお気軽にご参加くださいませ。

さて。
今回のクイズで、なぜ本田選手と宇佐美選手の得点&アシストをテーマにしたのか?
と言いますと単純にこういう記事も出ていますし▼

本田選手、宇佐美選手に関しては「"個"の力で点を取ってくれる」ことを期待しての再招集なのかな、と。

ハリルホジッチ監督の戦術は、徹底したスカウティングにより「相手の良さを消す」ことがメイン。ゆえに「どうやってボールを取るか?」という点に関しては、それが日本人の特性にマッチしているかどうかは別として、いちおうコンセプトは伝わるわけですが、「取った後、どうやって点に繋げるのか?」という攻撃の形は今に至るまで全く見えてきませんでした。

今回ようやく「攻撃はチームで連動して行うわけではなく、点を取る役割の人にボールを預けて、個人の力で何とかしてもらうのだ」という攻撃のコンセプト(コンセプトと呼べるのかどうかはわかりませんが)がハッキリして、浅野くんも「ちょっとスッキリした気持ち」と申しておりました(笑)。

あとは本田選手や宇佐美選手が『一人で打開できる、違いを生める選手』なのかどうかという、その点に掛かっています。なにしろ他のFW/MF登録の選手と違って、このお二方に関しては守備面での貢献はほぼ期待できない、他のチームメイトに負担を掛ける形になりますので。リスクを承知の上で招集し、ゲームに出す以上は明確に点に絡んで頂かないと割に合わないということになってしまいます。

ということで、明日23日(金)夜19時に応募締め切り。
皆さまお忘れなきよう、お願い申し上げます▼