hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第36回/割引クイズ】当たれば追加特典あり!スタッフ予想です。

先ほど実施概要を発表した第36回/割引クイズ
『FIFA World Cup Russia 今から...優勝国予想』
ですが、参加メールの締め切り日時が、史上初めて実施概要の公開と同一日
明けて11日(水)未明の
早朝26
に『メールの受付が終了』となります。
正味7時間ほどの受付ですが、回答の手間の掛からない単純な問題ですので。ぜひ、ご参加をお待ち申し上げております_ _)_

それでは今回の『スタッフ予想』を。
四強に残ったのはフランス、ベルギー、イングランドクロアチアということで、選手の顔ぶれをみて戦力を比較するなら突出したチームはなく、ほぼ互角でしょうか。クロアチアの守備ラインが他チームに比べ「やや見劣りするかも」という程度です。
むしろ各チーム中3~4日で5試合をこなしてきていますので、コンディションその他の違いが大きいような気がします。

フランス
【出停】なし
【怪我】特になし
【コンディション】こちらの記事によれば、準決勝を前にムバッペが練習を欠席。カンテ、パヴァールもウォーキングのみの別メニュー調整だそう。デシャン監督は「怪我の予防のため」と語っていますが、まあ、単騎特攻隊のムバッペが戦術練習にいてもあまり意味が無いでしょうし。試合で動き回るための「疲労回復を優先」ということでしょうか。

ベルギー
【出停】ムニエ
【怪我】シャドリ
【コンディション】ムニエの出場停止が痛すぎます…。攻守のキーマンの一人というだけでなく、ベルギーには他に右サイドの守備的な選手がいません。万が一、ムニエに何かあった場合、代役となるはずだったのがポリバレント選手のシャドリですが、こちらもブラジル戦で膝を痛めて途中交代。この記事によればフランス戦に出られないほどの状態ではないようですが…。ベルギーの場合、ラウンド16で大逆転勝利、準々決勝は優勝候補の筆頭・ブラジルとの大熱戦…と2戦続けて凄い試合をしただけに、目に見えない疲労の蓄積に加え、メンタル面での『燃え尽き』も心配です。

イングランド
【出停】なし
【怪我】特になし
【コンディション】スタメンに三十代は一人だけ。主力が二十代前半という若いチームで特に怪我人もなし。「元気」という意味では4チーム中、ナンバーワンでしょうか。

クロアチア
【出停】なし
【怪我】ヴルサリコ、スバシッチ
【コンディション】決勝Tに入って2戦連続延長PK勝ち。疲労の蓄積という意味では4チーム中、ナンバーワンでしょう。チームの心臓であるモドリッチ(32歳)とラキティッチ(30歳)は、ともに三十代。クロアチアはこの二人のデキ次第のチームですので、彼らがどこまで動けるのか。加えて2戦連続PK勝利の立役者であるGKのスバシッチも右太もも裏を痛めており、不動の右サイドバック・ヴルサリコが欠場濃厚。ちょっと『野戦病院』化しちゃってますね…
-------
さて。
この4チームの中から最終的に「どこが優勝するか?」ですが。
海外メディアの多くは「フランス対ベルギーが事実上の決勝」という見方をしています。まあ確かに…。イングランドはこの2カ国に比べると中盤のゲームメイクに難があり、クロアチアは最終ラインの個々の能力で4カ国中一番劣る上にコンディションも不良。そういう予想になるのも致し方ないでしょう。現時点では。

ただフランス対ベルギー戦に着目すると、両者「負けないこと」を第一に考え守備を固めた上で、前線にいる3人の超強力アタッカー
フランスならジルー、グリーズマン&ムバッペ
ベルギーならルカクアザール&デ・ブライネ
だけで「お願い、点を取ってきて」という形になりそうですし。お互いGKの能力には絶対の自信を持っていますので、膠着したまま延長に入れば「PK戦でいいや」という気持ちも芽生えそう。

仮にPK決着になった場合、決勝はまた中3日ですので、若いイングランドが怪我人もなく90分でクロアチアを下し、元気なまま上がってくると非常に怖いです。後ろを固めて蹴り合う試合には強いですので。

ということで今回のスタッフ予想は、ちょっと勝負をかけて

イングランド

これにしたいと思います。
予想が当たった場合、実施概要で提示した「1名様に90分無料」「2名さまに60分無料」に加え、さらに!
抽選で5名様に
3000円OFF
の割チケを贈呈ヾ(*・∀・)/
どうぞ皆さま、ふるってご参加下さいませ。