hug. News+Topics

店舗の新着情報と、何かこう…店長日記的な!?ものです。

【第46回/割引クイズ】明日18時に参加メールの受付終了。今回は追加特典あります!

明日18
参加メールの受付終了です!

メルマガの送信時間の関係で、早めの最終の告知を!

明日09日(水)
午後18:00

第46回/割引クイズ
『2019アジアカップGS総得点当てQuiz』
の参加メールの受付が終了となります。

回答のメールを送ってらっしゃらない皆さま!
「まだ丸一日近く時間がある」
と思っていると、そのまま忘れてしまいがちですので…。
どうぞお気をつけ下さいませ_ _)_

ということで最終告知は終わり!
『追加特典つきスタッフ予想!』に移らせて頂きます。

今回は3試合での『総得点』を当てるということで、ポイントはいくつかあるかと思うのですが…

POINT-01
中島翔哉選手の離脱
これは…(>_<;)
中島・南野・堂安という2列目トリオには「この3人だからこそ生まれるハーモニー」というものが確実にあり、一人でも欠けると3人揃って出ている時ほどの攻撃の破壊力が生まれないことは、これまでの森保ジャパンの親善試合でも明らか。少なくとも森保J結成以降の「5戦15得点」等々のデータはほぼ参考にならなくなり、「何点取れるか?」という今回のクイズの予想を難しくしたことは確かです。
POINT-02
中島選手の代役は…
●緊急招集された乾貴士選手
原口元気選手
この2人のうちどちらかになりますが、二人はタイプが違いますので、おのずと起用されたときのチームの『攻撃力』『得点力』も変わってきます。

【乾選手がファースト・チョイスの場合】
乾選手が代役を務める場合は、予想が非常に難しい(>_<;)/
プレー・スタイルが中島選手と非常に近く「MAXのポテンシャルでは上かも?」という選手ですが、試合勘やコンディションは未知数。
また、いくらプレー・スタイルが近いといっても基本的に『アドリブで連携』する南野/堂安両選手とのコンビネーションが、すぐにハマるのかどうか。ハマれば中島選手がいる時以上の結果が出てもおかしくありませんが…。こればかりは、やってみないとわかりません。

【原口選手がファースト・チョイスの場合】
こちらは比較的わかりやすいような気がします。
中島選手と違い、原口選手には「ボールを持ち運びながら個人技で相手を剥がす」という作業をあまり期待できません。その結果、今まで「お互いが仕掛けて相手の守備を撹乱。そこで生まれた相手のマークの甘さや、出来たスペースを利用する」ことで、体格の小ささをカバーしてきた、南野/堂安両選手の持ち味もかなり消えます。守備での貢献度が大きいチーム・プレイヤーだけに起用すれば「負けにくくなる」ことは確かですが、チームとしての攻撃の迫力・得点力は、だいぶ落ちると考えていいかと。

f:id:hug-s:20190108004758j:plain

まあ勝手な予想をすると、
(1)原口選手をメインに固定。「どうも今ひとつ噛み合わない…」と森保監督が感じれば乾選手を投入
という感じか、あるいは
(2)トルクメニスタン戦で乾選手を頭から試運転で起用、オマーン戦は原口選手と半々くらいプレータイムを作り、グループ首位を争うことになるであろうウズベキスタン戦は計算の立つ原口選手で
という感じになりそうな気がしますが、(1)の方が予想はしやすい…^o^;)

POINT-04
守田英正選手の離脱
「点を取る」という意味で、想像以上にダメージが大きいのがこれ。
大迫勇也選手を除く日本のアタッカーは、全員「パス交換」を求めているわけではなく、リズムよくボールを貰って個人で仕掛けたいタイプ。そういう意味で柴崎岳選手より青山敏弘選手の方が合いますし、パスの出し方・捌き方が青山選手と似ていて、守備の強度が青山選手より強い守田選手は「ひょっとすると、この大会で定位置を取るかも?」と考えていました。
何にせよ、点を取るには「前の選手の個性をどこまで引き出せるか?」が非常に大切だと思いますし、守田選手が離脱/遠藤選手が病気という中、あまりアテにならない柴崎選手の代わりに初戦でボランチとして先発起用されそうな冨安健洋選手が、どこまで効果的なパス(特に縦パス)を出せるか?で、チームの得点力も変わってきそうです。

f:id:hug-s:20190108135641j:plain

POINT-03
対戦相手の戦い方
グループFで対戦する3チームですが、ざっくり予想すると
トルクメニスタン:引いて守る
オマーン:微妙。最初は前からプレッシャーをかけに来て、徐々に下がる?
ウズベキスタン:前からプレッシャーをかけに来る
おおよそ、こんな感じの戦い方をしてきそうです。
体格の小さい日本は引いて守る相手にはあまり相性が良くありませんので、「トルクメニスタンから大量得点」というプランは、案外難しいのかも…。

ということで結論ですけれども。

今回はよくわかりません。

常識的に考えれば、
●不動の攻撃のカード
●この大会でポジションを取った可能性すらある貴重なバック・アッパー
が使えなくなったわけですから、戦力は弱体化するわけですが。代わりに起用される選手が予想以上にハマる可能性も少なからずあり…
未知数すぎる...orz

さして根拠はないのですが、
トルクメニスタン戦(引いて守る相手/選手を試す必要がある):3点
オマーン戦(無難に勝ち切りたいという意味で堅く戦い…):2点
ウズベキスタン戦(実力拮抗も比較的前線にスペースはできそうなので):3点
このくらいになるイメージで、今回は
8
これをスタッフ予想にさせて頂き、当たった場合、参加者の中から抽選で
5名様に
3000分OFF
の割チケをプレゼントさせて頂きます。